スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

く、く、区、苦

07 22, 2010 | 雑記

3


自分が他人から理解されないだなんて不満は大変馬鹿げたものではあるが、それがわかっていても実際そんな気持ちになるから堪らない。苦しい。

その人の判断が正しいかどうか決めるのはすごく難しい。僕のかつて下した判断を誤りだったと非難するひとは多いが、僕自身はそうは思わない。だから、僕は助言という行為を疑う。けれど、それじゃあ誰にも何もしてやれない。


前だけを見て歩け、なんて月並な教訓の意味がわかったような気持ちになる。残念ながら、現実の感覚として時間は流れている。悪魔。

侮られる。侮られる。この小心者め。 あなどられることを怖れる。気高い小心者。

浮ついた青春の酸味も甘味も知らない。それを知らないことをどうして不安に思うのだろう。彼らは代わりに、きっとこの苦味を知らないのだ。

いつもただ唯一救ってくれるのは自らも欺く虚栄のみだが、それですら庇いきれなくなった時、きっとそのとき廃人になる。きっと僕の理性はこの虚栄を長くはびこらせはしないだろう。じきに打ち砕いてしまうのだ。

コーヒーが好きだ。苦いから。香がいいから。

逃げて逃げて。腐らないように。


スポンサーサイト

Next Page »

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。