スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズ

07 18, 2012 | 雑記

0


等間隔にならんだピアノ線は重力に沈む私を引き裂くことなく、均一に、厳密に、支持する堅い墓石の下に、もろく、白い、饅頭が三つ等間隔にならんだピアノ線は海水を排除したその質量分だけの浮力を、均一に、厳密に、受けながらも沈んでゆく太陽は、赤く、強く、たなびく雲を染めている夏は遥か異国に厳粛なる冬を贈り、青い海は虐げられた質量分だけの浮力を、均一に、厳密に、ピアノ線を支持する海水は遠目に青く、空を思わせる蒼はもはや紅く、石工の打つ金槌の音は止み、ただ、等間隔にならんだ残響に、ピアノ線を震わせた石工は閉口する石の意思をはかりかねて、絶句を余儀なくされた異国の人々が声をあげ、ピアノ線は海底で、均一に、厳密に、水圧を受けながらも、果敢に振動する真空に、深海魚は目を退化させた幸福を、知りもせずに享受する私は等間隔にならんだ墓石の上を、軽々と渡る渡り鳥に手紙を託す少年は、監視の目を潜り抜け、海へ沈んでゆくのだろう。
スポンサーサイト

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。