スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淋しみについて

07 26, 2009 | 雑記

2


仲間と騒いでいるとき

或いは

便座に腰掛けているとき

 ふ

とすると

宇宙の孤独が

僕の中で虚無になるのだ






ランキング追い上げ中。
1クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト

« 現状 はぁ。 »

- Comments
2 Comments

この詩、すごく共感しました。

「宇宙の孤独が、僕の中で虚無になる…」
ogawaさんの言葉、私すごく好きです^^*


今思い出したんですけど、昔読んだ本の中に、「人間離れ」って言葉がありました。
自分の体さえ離れた孤独、という感じがして「これが寂しいってことかな~」
と思ったのを覚えてます。


応援です~^^

by 詩夏 | 07 26, 2009 - URLedit ]

>>詩夏さん

ありがとうございます。
共感していただけるとうれしいです。

「人間離れ」ですか。何の本でしょう。

たまに、離れそうになることありますよね。周りの風景が写真というか、映画を観ているような感じになって。
僕はなったこと無いんですけど、離れすぎて自分の後姿をみたりする人もいるみたいですよ。中島義道さんっていう哲学者はそうだったらしいです。
ここまでくると、幽体離脱って感じですけど。(笑

by R.ogawa | 07 27, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。