スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来と現在

09 07, 2009 | 雑記

2

何かを欲して手に入れるときには大抵の場合、何かを代償として支払う必要がある。
未来への夢や希望を求めるのなら、現在の苦しみや努力を受け入れなければならない。
何も未来に求めず、現在の苦労を避ける生き方はつまらない。だが、かといって、いつも先のことばかりを見ている生き方もどうかと思う。

極端な例を出せば、楽な老後の為に、よく勉強していい会社に入ってしっかり稼げ、というやつだ。
これは笑えるのだが、実際に年をとったわりに何も考えてない高校教師などが似たようなことを言う。
彼らくらいの年になれば自身の未来に対して「若い頃にもっとちゃんとしておけば。。」なんて思うのかもしれないが、彼らがそう思うのは彼らのその老後という未来が現在に近いためである。

人生を一本の線で表したとする。
そして、幸福な時期を赤、つらい時期を青に色分けするとする。
何処を赤くして何処を青くすれば良いのだろうか?
上の高校教師の言うのは終盤を赤くするということだ。
でも、中盤が赤くても、或いはもっと前が赤くても、別に良いのではないだろうか。

未来の何かを得るために、現在を犠牲にする。(常にそれが犠牲とは限らないが。)
その未来と現在を秤にかけて判断していかなければならない。


スポンサーサイト

« 格率 ギター音楽祭終了 »

- Comments
2 Comments

ハッピーエンドなら良いというものではないですよね。人生は。
誰がどこで、いつ、何に幸せを感じるかは人それぞれで、
それは他人が理解することは難しい。
自分でも分からない事かもしれないです。

私は生きるという事自体に意味は無いと考えています。
そして生と死に大した差は無いのです。

by むむりく | 09 09, 2009 - URLedit ]

そうですよね。
いつ死ぬかも分からないですし。

むむりくさんもなかなかニヒリスティックですね。(笑
僕も生きることは無意味だと思います。
有意味な生き方も無いと思います。誰にとっての意味だって感じですね。
喩え宇宙を消滅させたとしても、それは何にとって意味を成しえるのか。

by R.ogawa | 09 10, 2009 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。