スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐっと思いつめていても、すっと冷めてしまったりするから恐ろしい。

01 19, 2010 | 雑記

5
誰も彼も「優しく」なんて言う。

友達には「優しく」しなければならない。
教師は生徒に「優しく」しなければならない。

傷つけないように口を閉じる。


喧嘩をしないように相手を認める。

「考え方は人それぞれだから。」
「価値観は人それぞれだから。」


考え方って何だろう?
「価値観」という言葉の示す範囲はどこまでだろう?

なんて孤独なことじゃないか。




だって、そうやって教わってきたんだもん。
先生言ってたし。




TVもそう言ってたし?


個人主義の横暴。

ひとそれぞれで、正しさもくそもない。


それぞれの世界をそれぞれの解釈でそれぞれに生きる。
ごもっとも。
その通り。


僕を優しいと言ったひとがいる。
正直うれしかったけれど、そうかどうかはわからない。

他人の価値観なんて認めない。

議論して決着をつけたい。

和解と休戦はあっても、譲る気は無い。



これまで積み上げられたものを「ひとそれぞれ」なんて安いことばでちゃらにしたくは無い。されたくも無い。
これでも言葉はわりと信用しているほうなんだ。



優しさにも種類がある。
僕を優しいと言ったその人を僕は優しいと思う。
担任の先生のさばさばした態度も優しいと思う。
彼らを好意的に思っている。



「ひとそれぞれ」は「易しい」のほうかもしれない。



優しいなんて言葉でみんなまるめて誤魔化すのか。

るつぼか?サラダボールか?

アメリカじゃないんだ。



使い方を誤るな。

給食を残さず食べたからって、遠い国の飢えた子供は救われない。

金をかけて育てたからって単純に幸福に繋がるわけじゃない。


あなたの子はもはやペットではないし、保険でもない。
遺伝子を運ぶことに使命感も覚えていない。
社会に尽くす気も無い。



好きな奴もいれば嫌いな奴もいるが、
ひょっとすると嫌いな奴は実はいい奴かもしれない。
でも、だからって嫌いな奴に近づいたりしない。当たり前だろう。




思いやりは屈折していく。

老人に席を譲らないという思いやりもある。
小遣いをもらってやるという思いやりもある。


屈折した優しさが正しいかどうかなんてことは全く知らない。

ただ、
どうするのが良いのか、どうすれば喜んでもらえるのか、どうすれば救えるのか。
それを悩んでいるのを見るときだけ、真面目な優しさを感じる。
これだけを本当に優しいと思える。


スポンサーサイト

« 予備校や塾の広告に書いてある、何か考えているようで何も考えていない、薄っぺらい文句 パンツをはいたサルね。うん。 »

- Comments
5 Comments

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 01 20, 2010 - [ edit ]

議論する気は全く無いのであしからず。笑

真剣に議論したいと言った君は優しい


そう思うの。

by 無道詩音 | 01 22, 2010 - URL [ edit ]

「優しさ」という御旗を掲げて彼らは議論を拒否する。しかしそれは「優しくない」。彼らは価値観を受け入れているのではなく、受け入れるふりをして拒絶しているだけだ。

最後の部分、本当に優しいとは何かの定義が非常にいいですね。
「和解と休戦はあっても、譲る気は無い」もほぼ同意です。僕の場合「和解」が欠けてるわけで。相手が譲ってしまうのでつまらなかったりしますが(笑)。
いやはや何度この議論好きの性格のために他人から恨まれたことか…直す気はさらさらないです。

by 北落師門 | 01 22, 2010 - URLedit ]

優しいの定義は人それぞれ。だったら自分の意見を人に押し付けるのではなく、ただ言った言葉としてだけならば許されますよね。
うまく言葉にできないけれど、そうやって色々なことを思いやることができるあなたは「優しい」と、わたしは思います。

by 霧咲ココロ | 01 25, 2010 - URL [ edit ]

ヘンシン

>>秘密な人。
なんか突然非公開なので、気を使って名前は書きません。w
いろいろ、なんかありがたいです。
こちらこそありがとうございます。
全然ダラダラ駄文じゃないですよ。勇気付けられました。
なんだかんだ言っても、やっぱり肯定されたいんですね。きっと。
肯いていただけてよかった。



>>無道詩音さん
じゃあ、今回は議論なしで。w
そう思われますか。
ありがとう。



>>北落師門さん
相手が譲ってしまってつまらないというのは凄くわかります。
しかも、自分は大人だから譲ってやったんだぜって雰囲気を出してくる奴とか凄い頭にきますよね。(笑
是非直さないでください。
和解しちゃったらそれは北落さんじゃないですね。w



>>霧咲ココロさん
際どいところを突いてくださる。(笑
今度話しましょう。
確かに語義は人それぞれに成らざるを得ないですね。一致していることを示すことすらもできない。
でも、だからといって正しさを放り投げてしまうことは凄く危険なことに思います。
きっと僕は他の人が自分の考えと大きく違ったことを独り言ででもつぶやき、それを聞いてしまったなら、「共感」できるまで話をしたくなるでしょう。
どちらが正しいとかそんなことは言えないかもしれませんが、お互いの意見をよく聞いたならいくらかの側面で「共感」はできると思うのです。
その程度には言葉を信用しています。



by R.ogawa | 01 25, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。