スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュで前に書いた奴。

02 22, 2010 | 雑記

2
夜気の冷たい真夜中のこと。

尾のないホーキ星を追いかけて

黒猫が高橋家の塀から

するりと
おりると

尻尾を切られて

街頭の明かりの中に溶け込んだ。

おどろいて

家から出てきた高橋さんは

猫の尻尾を拾い上げ

こっそりポケットにしまった。


。。。。。。。。。。。。。。。。。
「尾のないホーキ星」は僕の言葉じゃなくて稲垣足穂の一千一秒物語からです。
スポンサーサイト

« いくら言葉を尽くしても、伝わらないというのは悲しいものがある。 現象 »

- Comments
2 Comments

カウンター…
4444
踏んでしまいましたw

なんかくださいな←

by つきしろ | 02 22, 2010 - URLedit ]

おおー。つきしろさんでしたか。
いいですよー。何がいいですか?

by R.ogawa | 02 22, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。