スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10 17, 2010 | 雑記

2

自分が死ぬときのことばかり考えてる。
それしか浮かばない。

誰か殺しに来ても、本気で抵抗できる自信が無い。
本気で勉強できないように、本気で抵抗できる気がしない。


息苦しい。息が上がる。
呼吸の仕方がわからない。
スポンサーサイト

« 挫折 宿泊先検討 »

- Comments
2 Comments

死ぬというのはどのような気分なのだろうか。
いや、それより<生きていること>と<死んでいること>に差異はあるのか。
輪廻転生や死後の世界を信じてはいないけれど、これは誰にも解らない。たとえ誰かに殺されても、今この瞬間に死が訪れても、<死んだ自分>には何の印象も残さない。それが最も納得いかないのだ。
不確定性。殺人者に声を上げることができないのは、死も生もあまりに不確かで抽象的だからではないか。

by 北落師門 | 10 18, 2010 - URLedit ]

>>北落さん。
そうですね。
そういわれてみれば必死に抵抗できないのは今に始まったことではない気がします。w

by R.ogawa | 10 22, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。