スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12 26, 2010 | 雑記

2

人の感情の表現は、表現であるわけでちゃんと対象がいるものだ。
ぐれるとか、そういうのも表現の一つで自分の何らかの不満を誰かに理解してもらいたいという欲求の表れであったりする。
しかし、理解なんていうのは恣意的なものだ。話し相手の誰かが自分を理解してくれたのかどうか。それは話し手が決める。
何も考えないでただ聞き流していた奴がいつの間にか一番の理解者になったり、真剣に聞いていた奴は何もわかってない糞野郎になったりする。誰にも理解されない自分に酔いつつ、理解してもらいたいと願う人は誰にも理解されることはない。


理解してもらいたいなんていう願い自体がそもそも下らない、悲しいものではないか。
そんな願いは捨てればよい。
こんなことを思っているから感情におぼれ、感傷的になり続ける。
どうにもならないものはどうにもならない。死にたいなら死ねばいい。AとBしか思いつかないならどちらかを選ぶしかない。

理解されるかもしれない。僅かな望みはあるかもしれない。
しかし、それは僅かなものなのだ。
そんな可能性に時間を費やすくらいなら捨ててしまえ。
宝くじは買いすぎるな。

分からない奴に説明するだけ無駄だ。
なぜならそいつは分からない奴だからだ。



僕はこんなことには随分昔に気づいていたはずではなかったか。どうして忘れていたのか。

スポンサーサイト

« 眼光紙背に徹しやがれ。 愚痴 »

- Comments
2 Comments

しかしつまるところ「理解」の程度の問題なのかもしれませんね。とりあえず僕は完全に他人を理解する/他人に理解されるということは全くもって不可能だと考えていますが。。。(なぜなら僕は彼ではあり得ないから!)
僅かな可能性であっても、それに賭ける相応の価値がある(と感じる)のなら、当たる確率の低い宝くじを買ったっていい。分からない奴に説明して結局分かってもらえなくても、「説明する」という行為自体が自分に対する一種の解決になっていることもあるかもしれない。
何が最も合理的と考えるかが重要なのだと思います。

by 北落師門 | 12 28, 2010 - URLedit ]


>>北落師門さん。

そうですね。程度の問題かもしれません。
理解されたいなんて思い出したら際限が無い。ある程度で諦めておかなければ。
執着しすぎると永遠の欲求不満です。


不可能というより不定ですかね。
理解したのかどうか確かめることができない。


>分からない奴に説明して結局分かってもらえなくても、「説明する」という行為自体が自分に対する一種の解決になっていることもあるかもしれない。

そうですね。よくあります。
忘れていました。


>何が最も合理的と考えるかが重要なのだと思います。

そう思います。
なかなか難しいことです。
その根拠は感情的なものにならざるを得ないし、説明することで整理が付くかもしれないだなんてメリットをうっかり忘れていたりする。
枚挙は手作業です。

by R.ogawa | 12 29, 2010 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。