スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無意味であることの意味

02 01, 2009 | 雑記

3

生も、そして死も。つまり私の全ては虚無であったのだ。
私はまた孤独にもなった。
嘗て、私の周りにはなんて多くの人々がいたことだろう。だが、後悔などしていない。あのまま生きてゆくことなど私には到底無理なことだ。
数人の偽善者達がこの苦悩を理解した様に、又は理解したいと思っているかの様に振る舞い、近づいてきたことがある。彼らの嘘には気づいていた。だのに、私はわざわざ試してみたのである。なんという時間の浪費だろうか。彼らは、恐らく第三者に気づかれぬ程度にすみやかに、かつ、ゆっくりと去っていったのだった。
私の周囲の全ての状況が私の精神の状態へ少なからぬ影響を与え、心の影はより濃く、はっきりとしたものになった。そこで、例の虚無が、私を孤独へと引きずり込んだのだった。

私も昔は居たのかもしれない人々の輪をみるたび嘲笑ってみる。互いに何も共有しないのに、誤魔化し合いながら、へらへらしている。しかも、その滑稽な事態に自ら気がつきもしないのだ、と。
そんな私を人は避けた。畏怖するようなこともあった。それでも私は構わない。構わないのだ。

悩まない年寄り達は、私を見て、青春だとか、或いはニートの予備軍だとかのたまい、あざける。そして、海外へ出てみろ、だとか見当違いも甚だしいアドバイスをしては、自分の豪快さに満足して楽しんでいる。
外国へ行けば何か変わるか?
私は年寄り達ほどに単純でも純粋でもない。そんなに簡単に外国での冒険の中で忘れて、ごまかされてしまうものじゃない。
直感するのだ。全ては私の中に在ると。この問題自体も。解決への糸口すらも。
スポンサーサイト

« La catedral 夜中の語り合い »

- Comments
3 Comments

 僕は

 まとわりついて嫌われます。うざいらしいです…。ショックです。

 変化って急激なものじゃないんですね。いつか振り向いたときに「あぁ、自分変わってる」とか思えるといいのですが。

 ってここまで自分の話で。まぁ、ここに書くってことはなんかの意図があるのでしょうが、自分でもよくわからんです。

 R.Ogawaさん、畏怖されるってことはなんかすごい人なのでは?というかR.Ogawaさんの演説を生で聴いてみたい。
 
 ごめんなさい。

by 殺人坂硝子 | 02 01, 2009 - URL [ edit ]

>>殺人坂硝子さん
お久しぶりです。疲れました。(笑

なんか逆ですね。僕はあんまりそっけないから、嫌われてます。
調度良く生きたいですね。

変化は、そうですね。少しずつですね。中学校の一年生の時の文章なんか読むと、恥ずかしくて恥ずかしくて。成長を感じます。(後退かもしれないけど。)いつの間にか変わっているようです。

全然、凄い人じゃないんですけどね。むすっとした顔して腕組んで座ってるから、ヤバイ奴だと思われてるだけかと思います。
今度、会ってみましょうか?きっとあんまり普通でがっかりですよ。(笑)

by R.ogawa | 02 02, 2009 - URL [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 02 03, 2009 - [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。