スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2トラックバックテーマ  第773回「愛ってなんだ?」

07 12, 2009 | 雑記

2


FC2トラックバックテーマ  第773回「愛ってなんだ?」








愛とは何か。
その原因をたどると、答は、生物学的な話になる場合が多い。
しかし、僕が今、恋人がほしいなどと思っても、それは性的な理由にはよらない。孤独のためである。
このときの、「恋人」とはお互いに必要とする人間のことではないか。
純愛なんてものは信用していない。他人によくするのは、他人に必要とされたいと思う人の欲である。けれど、プラトニックなものは否定しない。
よく、性的な話でこの問題をすべて片付けようとしている人がいるが、そんなことはできないだろうと思う。孤独を感じるのは精神なのである。


人を好きになったとき、その人の何を好きになったのか。
よく、「私のどこが好きなの?」と聞かれて、全てだ、と答えるけれども、それは正確ではない。
どこが好きだかわからないから、全てと答えるほかはない、というべきである。
人は変わる。
年をとれば体は老いるし、性格も変わる。
その人の一部分、或いは全体を愛したとき、愛は永遠ではない。

ロマンに任せて、永遠を信じ、手に入れるとするのなら、その人の不変のところ、本質を愛さねばならない。
人の本質を僕は魂と呼んでいる。


魂はあるか。




スポンサーサイト

«  林檎 »

- Comments
2 Comments

変わらないものを本質(魂)と呼ぶのならば、それは「在る」という事のみではないかと思います。いや、既に「在る」という事すら危うい。
愛とは銀鎖。自分を束縛している事が判っていても、その輝きを失うくらいなら自由を捨ててしまおうと思わせてしまうものだと僕は考えます。

by 北落師門 | 07 12, 2009 - URLedit ]

>>北落師門さん
前半の仰っている意味がよく分かりません。
「本質」という言葉自体が、その語義的に変わらないもののことです。部分でも、全体でもないものです。
一人称の「私」を『私』たらしめる、変わらない何か。それを本質、魂と僕は呼んでいます。
本質は実在するのか。言語の手前に存在するのか。

後半の考えはカッコいい。
「銀鎖」丁度いい言葉だと思います。

by R.ogawa | 07 12, 2009 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。