スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜行列車

07 16, 2009 | 雑記

0

列車は遥か北へ向け、

闇闇とした空気を裂き続けた。

星が一瞬の、恒久的な輝きを放つ。

この光は、私の旅が終わってもまだ、宇宙をゆくのだろう。

何の意味があるだろう。 私とは誰のことだったか。

孤独の中で、虚無が心を包んだ。




草原の丘から、朝の日が顔を出した。

すべてが黄金色に光る。

友人が寝台から、もそもそとでてきた。

「起きていたのか。 起こしてくれれば、話し相手くらいしたのに。」

起こせばよかった。

孤独も、虚無も、忘れていた。


スポンサーサイト

« 運命と穴 第776回「好きな小説。」 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。