スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命と穴

07 17, 2009 | 雑記

4
高い煙突から、煙が昇る。

彼女の肉を形作っていた粒子が、青い空へと昇ってゆく。

こうして万物は流転する。

そのうちに彼女は私の血の中を流れるかもしれない。

全ては大きな流れの中にある。

私とは、在って無いようなものか、と思う。


たまたま生まれた彼女は、
たまたまこれまで生きながらえて、
たまたまできた用事の途中、
たまたま穴に落ちたのだ。


運命とは、垂直にあいた、深い穴のようなものである。

ただ、堕ちてゆく。






ランキング追い上げ中。
1クリックよろしくお願いします。


スポンサーサイト

« ギターオーディション 夜行列車 »

- Comments
4 Comments

24時間ブログマラソン開催します

突然のコメント失礼します。

8月9日(日)に24時間ブログマラソンを開催します。

24時間という時間を、共有しながら、味わいながら
ブログを書いていこうというもの。
普段できなかった掃除や、ダイエット、英会話、資格試験
などの挑戦とあわせて参加もOKです。

無謀な挑戦をお待ちしてます!失礼しました!


24時間ブログマラソン公式サイト
http://24blog.net/
(徐々に見やすいサイトにしていきます)

by 24時間ブログマラソン | 07 18, 2009 - URLedit ]

この詩すごく好きです。とても素敵だと思います。

この世界のすべてが粒子なのですよね。

ビックバンで宇宙が生まれてから今までずっと
なにかが無くなることはない。
そして何か新しいものが生まれることもない。







by 唏沙螺 | 07 18, 2009 - URLedit ]

パンタ・レイというわけですか…ヘラクレイトスはなかなか好きですよ。
またの名を物質保存の法則とも言いますが(笑

偶然は運命なのでしょうかね。
生きるために生まれ、何かするために生きるとかよく言われますが、全てに理由はない。理由がないと人はなんとも不安だから、それを運命と呼ぶ事にするのだ、と思います。

by 北落師門 | 07 18, 2009 - URLedit ]

>>北落師門さん

同意します。
たとえ生きることに意味があったとしても、人間の認識の範囲を超えているものだと思います。
個人に都合の良い理由があるとはむしのいい話です。

因果の連鎖による、運命論を僕はなかなか捨てられないんですけれど、量子論的には否定されているんですよね。
不確定性理論なんてものは、僕ごときには理解の及ばない代物ですが、そそりますね。
因果をたどる物理学がたどれないって宣言しちゃってるわけだから。

by R.ogawa | 07 18, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

R.ogawa

Author:R.ogawa
所在地:秘密
年齢:秘密
性別:秘密
趣味:秘密

ブロとも申請フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター

現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ランキング

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。